沖縄旅行の魅力は海の色とそのきれいさがあってこそ

沖縄旅行の魅力は海の色とそのきれいさがあってこそ 沖縄への旅行の魅力はなんといっても海が旅の基本を飾ってくれることにあります。その海ですが実際にその地域の海を眺めたことがある人はご存知でしょうが、そこは本州の海は何か汚らしい泥が混じったかのような色彩であるのに対して、ここは泥みたいな色はなくてキレイな緑と青が混ざったかのような色になっていてその微妙な色彩が多くの観光客にとって旅の魅力を醸し出してくれるのです。

しかし沖縄への旅行の魅力は海の色とその自然風景だけではありません。これは意外なことかもしれないですが、真夏の気温は地域自体が南にあるために本州よりも高いような気もするのですが、実際の昼間の気温は30度は超えていることに変わりはないですが、それでも本州に比べて若干低いのです。というのは全国各地の天気予報の気温をにらみ続けていればお解りかもしれないですが、本州各地で特に西日本地域では最高気温が35度を超えるような日々が目立ってきていますが、沖縄の場合は最高気温で35度を連日超えているのを目撃する日はそう多くはないのです。またここら辺りは西地域にあるためか太平洋高気圧の範囲の端っこであること、また太平洋あたりからの海風の影響も受けているのでそれで気温の上昇を抑えて何とかしのげたりもできるのです。

Copyright (C)2014沖縄旅行の魅力は海の色とそのきれいさがあってこそ.All rights reserved.